サーファーはモテる?サーフガールが教えるサーファーが持つ10の魅力

Yuuka

Yuuka

幼少期から母親の影響でサーフィンを始める。
以来サーフィンの虜になり国内外を飛び回っている。
週に3~4回は海に行くライフスタイル。
好きなプロサーファーはFilipe Toledo,Kanoa Igarashi。
将来の夢はサーフショップをオープンすること。

「サーファーってチャラそうだし社会不適合者っぽいなぁー。」
外見だけ見ればあまり良いイメージの無いサーファー。

でもちょっとまって!
サーファーには見かけと違い沢山の魅力をもっているんです!

この記事ではサーフィン歴20年の私が、男性サーファーの魅力をたっぷりお伝えしちゃいます!
サーフィンをしたことない人や身近にサーファーのいない人は是非この機会にサーファーの魅力に触れてみてください。ちょっと見かたが変わるかもよ?




健康的で引き締まった体

サーフィンって実は以外と過酷で激しい全身運動のスポーツなんです。
そのためサーファーは鍛えられた体の持ち主が多いです。

サーフィンはパドリングと言ってサーフボードにうつ伏せになって漕ぐ基本動作があります。
この動作と体勢が全身を鍛えてくれるんですよ。

だからジムに行かなくても有酸素運動から筋トレまでサーフィンでできちゃうんですね!
割れた腹筋に、分厚い胸板。そしてプリッと上がったお尻にもうキュンキュンしちゃいます!

あのプリッとしたお尻はサーファーにしか出せないセクシーヒップなんですよね!

そして何と言っても小麦色の肌!

黒く焼けた容姿は一見チャラそうですが、陶器のように白い肌より断然男らしく見えます。
日焼けサロンとは一味違う自然に焼かれた肌の色に引き締まった体に見惚れない人はいないはずです。

元気でポジティブ

早起きが基本のサーフィン。
波チェックをして海に向かうのが午前3時、なんてこともサーファーにはよくあります。

早寝早起きで健康的なのはもちろん、体力的にもやっぱり元気な人が多いのがサーファーの特徴です。
(筆者はお酒を飲むので早寝は苦手です。笑 でもちゃんと早起きはしますよ!)

自然相手のスポーツですからもちろん波がなくてサーフィンできない日だってあります。
そんな時でも「明日は波あるといいね!」「違うとこ行ってみる?」などとポジティブシンキングがベースです。
自分が落ち込んだ時でもポジティブなサーファーがそばにいると元気になれます。

精神が安定している

都会の喧騒から離れ、鳴り止まないスマホから離れ、ストレスから解放される時間が多いサーファーに情緒不安定でネガティブな人はあまりいません。

これは科学的根拠があるのですが、サーフィン中はセロトニンやβ-エンドルフィンといった脳内物質を分泌しているそうです。
これらはしあわせホルモンと呼ばれ、多幸感をもたらせてくれる物質なんです。

分かりやすく言うとハッピーでポジティブにしてくれるんですね!

根性がある

前述しましたがサーフィンは過酷で激しいスポーツ。
波に揉まれて半分溺れかけて、、なんて日常茶飯事です。

そんな私も何度死にかけた思いをしたことか・・・

それでも波に乗るために波に巻かれながら沖に出て波に乗る。
尋常じゃないくらいしんどいです、正直。

しかもサーフィンは波に乗っている時間よりパドリングしている時間の方が長いのです。
(海に入ってる時間の中で波に乗ってる時間はパドリングしてる時間の十分の一くらい)
根気がなかったらサーフィンを続けられません。

だからサーファー全員と言っても過言じゃないくらいサーファーには根性があります。
それはきっと日常生活にも現れてくるでしょう!

外交的な人が多い

外交的で明るい人が多いのも彼らの特徴のひとつ!
海に着いたら知らない人でも「おはようございまーす!波どうでかね〜?」なんて会話は当たり前。

自然を相手にしているスポーツだから波や風の情報交換が必須。
そのためにも人とのコミュニケーションが結構大事だったりするんですよね。

それに、割とみんな知らない人に話しかけたり話しかけられるっていう事に抵抗があまりないんですよね。

私もしょっちゅう海の中で「その板かっこいいね〜」なんて話しかけられたりします。(ナンパじゃないですよ 笑)
でも不思議と嫌な気持ちはしないんです。
街の中でいきなり知らない人に「その服可愛いね」って言われたらびっくりしちゃうのに。
これサーファーマジック!

おしゃれな人が多い

本当にサーファーっておしゃれな人が多いんです。
サーフィンをやらない人でもサーフブランドの洋服やアクセサリーを身につけるくらい魅力的なサーフブランド。
サーフブランドって意外とTシャツ一枚でおしゃれ!みたいな服が多いんです。
私も男友達のサーファーに、「それどこの!?オシャレ!!」なんて教えてもらっちゃたりしています。
焼けた肌におしゃれなシルバーアクセサリーなんかもとってもオシャレですよねー。
海上りはラフな格好でも、街で会う時もおしゃれに気を使っている人が多い気がします。
やっぱり一緒に歩くならおしゃれな人がいいですもんね!

趣味と仕事の両立がタフスタイル

趣味と仕事の両立って普通だと思うんですけど、サーファーは一味違います!

サーフィンって基本的に朝夕が波の良い時間帯なんです。(場所にもよるけど)
だから朝一サーフィンしてシャワー浴びて出社。
仕事して夕方サーフィン!
って人結構いるんです。

何度も言っていますがサーフィンは全身運動で過酷なスポーツ!
タフだと思いませんか?
きっと恋人がサーファーでなくても、デートとサーフィンの両立もうまくやってくれるはずです!

実年齢より若く見える

全員って訳ではないと思うのですが、私の周りの50代〜60代のサーファーの方々はほんっとーに若く見えます。
かくいう私のママも還暦で現役サーファー(しかもショートボード)なんですが、初対面の方には「50歳くらい?もしかしてもっと若い?」なんてしょっちゅう言われています!

ストレスのせいで一気に老け込んじゃう人って多いと思いますが、サーファーはサーフィンでストレスを解消しながら生きています。
二度と同じ波は来ない!というワクワク感やドキドキ感も若さを保っていける理由なのかもしれませんね。

私の周りにも素敵なおじさまが沢山います!

優しい

これは完全に私の意見なので一概に全員とは言えないのですが。
サーファーの男性は優しい人が多いと感じています。

自然相手のスポーツなので波が無かったり、いい波に乗れなかったりする事ももちろんあります。
ですがそれは誰のせいでもありません。

怒ったりしても波は来ませんからね。
マイナスな事があってもそれを受け入れて次の事を考えていく器の大きさがあるのかな、と思います。

自然との関わり合いは人を成長させ、癒してくれる、というのが要因かもしれませんね。

自然を大事にしている

自然の恩恵によってサーフィンを楽しめているサーファー。
そのため彼らは自然を大事に考えています。

世間ではノープラスティックやエコが話題になっていますが、サーファーは海から上がった後や波がない時にはビーチクリーンと言って浜掃除を行ったりします。

海がなければサーフィンができません。
感謝の気持ちも込めて海を綺麗にするのが習慣になっているんですよね。

ペットボトルの飲み物をあまり買わなかったり、プラスティックのストローを使わなかったり、自然を大事にしているサーファーはたくさんいます。

自然を大事に考えている男性ってなんだか素敵ではないですか?

まとめ

さて今回はサーファーの10の魅力をお伝えしました。
サーフィンをしていない人も男性サーファーの魅力を感じていただけたのではないでしょうか?
健康的でメンタルも強くそして優しいタフガイとは一緒にいてきっと素敵な時間を過ごせるに違いありません!
貴女もサーファー彼氏を見つけてみてはいかがですか?

ブログランキングに参加しています。
暇つぶしにでもなったらポチッと愛のクリックで応援宜しくお願いします m(__)m

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA