ヴァームとアミノバイタル。サーファーも使わないとモッタイナイ!

楽しみの休日、待ち焦がれたザ・デイ、憧れのサーフトリップ。
そんな「ここぞ!」という時には思いっきり満足いくまでサーフィンしたいものですよね。

でも、休日しか波乗りにいけない週末サーファーや、
私のようなアラフォーオヤジサーファーは、
限界を迎えるのが早いこと早いこと。

すーぐ疲れて良い波を目の前に泣く泣く撤収。
なーんてことになりがちです。

そこでおすすめしたいのがアミノサプリの『VAAM』と『aminoVITAL』。

ここぞというときにこれらを摂ることで
いつもより良いパフォーマンスで波乗りが出来ちゃうんです!

何故によいのか?

さてさて、このアミノサプリの『VAAM』と『aminoVital』。
何がそんなに良いのかというと。

疲労の蓄積を抑え、スタミナアップ!

することができます。
スタミナを要するサーフィンにはとっても相性のよいサプリなんですね。

それぞれ成分面の解説を含めて詳しく見ていきましょう!

スタミナアップにVAAM

一日100㎞も移動するスズメバチの代謝方法に着目して開発されたのが明治の『VAAM』。

スズメバチは17種類のアミノ酸を含むスズメバチアミノ酸混合液(V.A.A.M:Vespa AminoAcid Mixture)によりの驚異的なスタミナを生み出しているとか。

VAAM』はこのスズメバチアミノ酸混合液の再現を目指して作られたサプリメント。

水無しで飲める顆粒タイプのものや、水に溶かして飲むパウダータイプ、ゼリータイプ、ドリンクタイプなどライフスタイルに合わせてチョイスすることができます。

ちなみに私は水に溶かして飲むパウダータイプを水分補給のスポーツドリング替わりにサーフィンの前後に飲み、サーフトリップの時には携行しやすい顆粒タイプを持って行っています。

期待できる効果

公式サイトによると

「スポーツやトレーニング時にスタミナ・持久力が欲しい方」や「フィットネスやヨガ、ジョギングなどの運動で、体脂肪を燃焼し、エネルギーを消費することで、健康的なダイエットを目指す方」など、体を動かしたいと思うすべての人達を応援します。

と書かれていましたが・・・具体的な効果は掛かれていません。
薬事法の兼ね合いなんでしょうね。

栄養成分的には体脂肪の燃焼効率を上げエネルギー転換を促す成分内容となっているようです。
どんな成分が入っているのか見ていきましょう。

成分内容の解説

公式サイトで公開されている『ス―パーVAAM』の栄養成分は以下の通りとなっています。

1袋当たり

  • アミノ酸 3,000mg
    (ロイシン:196mg/イソロイシン:144mg/バリン:167mg/リジン:306mg/スレオニン:208mg/フェニルアラニン:154mg/ヒスチジン:97mg/メチオニン:19mg/トリプトファン:109mg/その他アミノ酸:1600mg)
  • L-カルニチン 200mg
  • コエンザイムQ10 30mg

スズメバチの長距離移動の鍵となるアミノ酸以外にも、脂肪の燃焼をサポートするLカルニチンコエンザイムQ10が配合されています。

スタミナアップだけでなく、脂肪の燃焼効率が上がるのでもちろん運動でのダイエットにも効果が期待できます。

アミノ酸

アミノ酸とは簡単に言えばタンパク質を構成する要素。
私達の体のタンパク質は20種類のアミノ酸で作られている。
アミノ酸は私達の体の重要な要素で、人体の様々な代謝プロセスでアミノ酸が使われている。

各アミノ酸の役割は異なりますが、筋力、持久力、回復力、免疫力の向上といった様々な機能をもっている。

L カルニチン

Lカルニチンは脂質の燃焼に必要不可欠な物質。
脂質は細胞のミトコンドリア内で燃焼されエネルギーに変換されるが、脂質単体ではミトコンドリア内に入ることができない。
脂質はLカルニチンと結合することによってミトコンドリアに取り込まれ燃焼されるようになる。

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10は体に元々ある酵素の一つで、エネルギー転換のプロセスで重要な役割を持っている。

発電所の役割を果たすミトコンドリアは、取り込んだ脂質を燃焼させてエネルギーに転換させるためにコエンザイムQ10を必要とする。
コエンザイムの量が充実しているとより効率よくエネルギーを生成することができるが、逆にコエンザイムの量が不足すると、燃え残った脂質が体脂肪として再び戻ってしまう。

また、コエンザイムには抗酸化作用があるため細胞の老化防止の役割もある。
この役割が健康や美容面で注目されコエンザイムQ10は美容・健康系の栄養素といった印象だが、スポーツでも重要な栄養素である。

実際に使ってみた感想

ジムでのトレーニング、ランニング、サーフィンで10年以上『VAAM』を愛用してきましたが、実際にスタミナアップを体感しています。

VAAM』を摂取して運動を行うと、すぐに体が暖まり普段より発汗します。
私だけでなく、妻にも飲ませてランニングをさせましたが、発汗作用と持久力で違いを体感したようです。

サーフィンで入水前に『VAAM』を摂取すると、ゲティングアウト時に良くある「始めのきつい時期」を感じずに心肺機能が順応していく感じがします。
そして体力の限界を迎える時間が延びました。

VAAM』を飲んでいる時と飲んでいないときでは「疲労感」が違う気がします。
数値的な根拠があるわけではないうえに、思い込みで効いちゃうプラシーボ効果的なものもあるかもですが、使わないともったいないくらいお薦めしたいものです。

回復にaminoVITAL

aminoVITAL』は『味の素』が販売しているアミノ系サプリメントです。
アミノ酸の中でも運動のエネルギー源や筋肉の維持に必要な栄養素のBCAAをはじめとした様々なアミノ酸 ビタミン ミネラルが配合されています。

水無しでそのまま飲む顆粒タイプとゼリータイプがあります。
ちなみに私はもちろん顆粒タイプ派。

期待できる効果

公式サイトによると

「もっと長く、もっと気持ちよく動き続けたい。そんなあなたの気持ちとカラダをサポートします。」

と書かれていましたが
具体的に飲んだらどうなるのか、ここでもまったくわかんないっすね。

公開されている内容成分を見る限りでは、
筋肉の分解を防止・回復させ、カラダのコンディションを整える栄養素が配合されています。

運動中のパフォーマンスや持久力をあげるというより、運動中の筋肉分解を抑えたり、披露を軽減するといった要素が強いサプリメントのようです。

それではどんな成分が入っているのか見ていきましょう。

成分解説

公式サイトで公開されている『aminoVITAL pro』の栄養成分は以下の通りとなっています。

1袋当たり

  • アミノ酸3600㎎
    (ロイシン:0.54g/イソロイシン:0.43g/バリン:0.36g/グルタミン:0.65g/アルギニン:0.61g/他アミノ酸:1.01g)
  • ビタミン8種
    (ビタミンA:148μg/ビタミンB1:0.9mg/ビタミンB2:0.7mg/ビタミンB6:0.9mg/ナイアシン:3.8mg/パントテン酸:1.5mg/ビタミンD:1.8μg/ビタミンE:1.9mg)

アミノ酸の中でも筋肉の分解を防止したり、回復をサポートするBCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)、グルタミンアルギニンが多く配合されています。 そしてカラダの調子を整えるビタミン群
回復系の栄養素に比重を置いているようです。

かといってパフォーマンスUPに繋がる要素が無いわけではありません。
BCAAは筋肉のエネルギー源となり、ビタミンB2 B6は脂質の燃焼効率やエネルギー転換を促す働きもあるのでスタミナアップにつながります。 バリンアルギニンは血管を拡張する作用があり、効率よく酸素を行き渡らせてくれます
つまりゼーハーの軽減に繋がりそうです。

BCAA

BCAAとは、アミノ酸の中でも運動のエネルギー源として注目されているバリン、ロイシン、イソロイシンの3つのアミノ酸の総称。

筋肉は通常脂肪と糖をエネルギー源としているが、エネルギー源が枯渇すると筋タンパク質を分解してエネルギー源として使いはじめる。
さらに、体内のBCAAの濃度が下がると披露物質が生成され披露が促進する。
体内のBCAAを十分に満たしておくことによって披露を軽減し、運動による筋肉の分解を防せげると考えられている。

またBCAAは高負荷の運動により破壊された筋繊維の回復を促す。
回復した筋繊維は以前より強い筋繊維となって回復する。

BCAAは筋増大を目的としたフィットネスやボディーメイクで欠かせないサプリメントとなっている。

BCAAを詳しく説明した記事も是非ご参考に!
オヤジのサーフィンサプリ学 BCAAでスタミナアップ!

ビタミン

ビタミンはヒトが生きるために必要な栄養素のうち、炭水化物・タンパク質・脂質以外の有機化合物の総称。
ビタミンには13種類(ビタミンA、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン )あり、代謝を促したり、カロリーを燃焼したり、免疫力を高めたりとカラダの機能を正常に保つために必須の栄養素。

ビタミンが不足するとカラダの機能が低下し、疲れやすくなったり、だるくなったり、気力が落ちたり、体調を崩したり様々な症状が現れる。

アルギニン

アルギニンはタンパク質を構成するアミノ酸の一つ。

エナジードリンクや栄養ドリンクでよく目にする栄養素だが疲労回復をサポートするだけでなく、血管を拡張する作用があり筋肉に必要な栄養素を運び込む能力を高める。
その結果運動中の披露を軽減しパフォーマンスが向上することが確認されている。

その他には成長ホルモンを促進し免疫力と治癒力を高める効果もある。

グルタミン

グルタミンはタンパク質を構成するアミノ酸の中でももっとも多く存在するアミノ酸。
激しい運動や長時間の運動をした時などカラダにストレスが与えられるとグルタミンが大量に消費される。その際に体内のグルタミンが不足すると、筋タンパク質を分解してグルタミンを供給する。
適切にグルタミンを補給することで筋肉の分解が防止できる。

また、体内の免疫細胞はグルタミンをエネルギーとして使っている。グルタミンの濃度が高いほど免疫細胞が増えやすくなり、免疫力が高まる。

波が良い日が続いている時は疲れを残したくないものです。
また、サーフトリップでは連日のサーフィンによる日焼けと疲労で免疫力が低下し、体調を崩してしまいがちです。
aminoVITAL』なら回復に必要な栄養素を補い疲労を抑えることができます。

回復的な効果だけでなくパフォーマンスUPの要素もありーの、
筋肉の分解を抑制し超回復を促してくれーの、
日焼けと披露で欠乏しがちなビタミンを補ってくれーの。

aminoVITALはサーファーにもありがたいサプリです!

実際に使ってみた感想

aminoVITAL』は『VAAM』のように発汗するような明らかな体の変化があるものではないので、効果がわかりにくいです。

でも、それがサプリメントってもんです。
過去に遡って効き目を比べることはできないですもんね。

ですが、「aminoVITALのおかげ?」と思えるエピソードをお話します。

虚弱体質の私は疲れがたまると直ぐに風邪をひきます。
そんな私ですが、過去にサーフィンを絡めた一週間以上のトリップを4度経験しました。
その内の2度は旅の後半で風邪を引き、残りの2度は連日のサーフィンでも筋肉痛にすらならず、旅の後半も調子よく行動することができました。

風邪を引かなかった2回のトリップに共通するのは『aminoVITAL』をサーフィン後に飲んでいたということ。
たった4回のトリップでの比較なので確証性はないですが、因果関係は無いとも思えないんですよね。

アミノ系サプリの接種タイミング

アミノ系サプリの摂取タイミングは運動の30分前、もしくは運動の直後が良いとされています。

VAAM』は運動中の燃焼効率・スタミナ・パフォーマンスの向上が期待できるので運動前の摂取がよいです。

aminoVITAL』は運動の前後どちらでも効果が期待できます。
運動前ならスタミナ・パフォーマンスの向上、筋肉の分解防止。
運動後なら疲労回復、疲労蓄積の予防、筋肉発達の促進が期待できます。
aminoVITAL』だけしか使わないのであればパフォーマンス向上と筋肉の分解を予防するために運動前の摂取が良いと思います。

運動前の摂取タイミング

アミノ酸はタンパク質が分解されたものなのでプロテイン(タンパク質)と異なり吸収が早く、摂取から30~45分ほどで吸収されると言われています。

サーフィンの場合であれば、海に到着して波乗りの準備をする前に摂取するのが良さそうです。
入水するころには体内に吸収され効果も出てくるはずです。

運動後の摂取タイミング

運動を行なった直後は回復のためにカラダは様々な栄養素を多く消費します。

とくに負荷の高い運動を行った場合は、筋肉の細胞が傷ついた状態です。
運動直後はその回復のために筋肉が栄養素をもっとも取り込もうとします。

そのため運動直後30分以内に吸収の早いアミノ酸を摂取して筋肉に送り届けることで疲労の蓄積を防ぎ、筋肉が効率よく超回復(それまで以上に発達すること)を行えます。

サーフィンの場合は海から上がったらすぐに水分補給と一緒に摂取するのがよいです。

使い分け

私の場合は目的別に『VAAM』と『aminoVITAL』を使い分けるようにしています。
例えば・・・

  • 普段はダイエットやパフォーマンスUPの目的で、入水前にVAAMを摂取。
  • 波が良い日が続いている時や疲労を残したくない時はサーフィン後にaminoVITAL
  • 絶対疲労を蓄積させたくない時はサーフィン前後にaminoVITAL
  • パフォーマンスを上げたいし疲労も残したくないなら入水前にVAAM、サーフィン後にaminoVITAL

目的に合わせて使い分けてみると、より良い結果につながるかもしれません。

入水前 入水後
パフォーマンスUP VAAM
or
aminoVITAL
ダイエット VAAM
疲れを残したくない場合 aminoVITAL aminoVITAL
パフォーマンスUP
+
回復
VAAM
or
aminoVITAL
aminoVITAL

どっちが優秀?

成分内容的にみると、燃焼効果が高いのは『VAAM』。
回復効果が高いのは『aminoVITAL』だと思います。

ですが、スタミナアップや運動中の運動パフォーマンスの向上では、『VAAM』も『aminoVITAL』もその要素をもっています。

実際にサーフィン中のパフォーマンスを比較したことがないのと、数値的根拠があるわけではないので、残念ながらどちらが効果が高いということは正直わかりません。

あと、サーフィン専用の『サーフサプリ』というアミノ系サプリもあるようです。
こちらも気になるので今後それぞれを実際に使って比較レヴューしてみたいところです!

おわりに

今回サプリの事を調べて行くうちに、いろんなサプリの存在を知りました。
本気のボディービルダーやアスリートが使っているサプリを買い揃えれば一回分のコストをぐっと下げて、より高い効果を得られるようです。

でもそのためにはサプリの知識も必要ですし、なにより大量のサプリを買い揃える必要があります。 さすがに何種類のサプリを海に持っていって飲むのは面倒ですよね・・・

対して、『VAAM』や『aminoVITAL』のようなサプリは、様々な栄養がバランスよく配合されているのでサプリの知識がなくても手軽に気軽に良い結果に繋げてくれます。
コストパフォーマンスは悪いですが、なんだかんだやっぱり便利だなと。

アスリートなあっち側のサーファーでなくても、サプリは週末サーファーやアラフォー、アラフィフのサーファーにも強い味方です。

人それぞれ考え方がありますが、その考え方の一つとして、
「いい波にのって楽しむため」にサプリを使うって考え方もあっていいんじゃないかなと思っています。

あなたも是非おためしあれ!

ブログランキングに参加しています。
暇つぶしにでもなったらポチッと愛のクリックをお願いします m(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

コメント一覧

  1. ノリ より:

    こんにちは。いつも楽しく読ませていただいてます。
    そのまま飲める顆粒と溶かして飲むパウダーでの差はあるもんですか?

    • Oyajisurf より:

      ノリ様
      コメントありがとうございます♪

      顆粒タイプと溶かして飲むパウダータイプの成分差はほぼ無いようです。
      ただVAAMに関しては、溶かして飲むタイプにも実は2タイプあり、少量の水に溶かして飲むタイプと、500mlの水に溶かしてスポーツドリンクにする2タイプがあります!
      ちなみにスポーツドリンクにするタイプは成分的にも薄いですが、コストパフォーマンスが良いので私は長年このスポーツドリンクにするタイプを愛用しています!

この記事へコメントしませんか?

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。
送信いただいたコメントは管理者が承認を行った後に表示されます。

CAPTCHA