バリ島 チャングーエコビーチってこんなとこ。サーフポイントリポート

この記事ではバリ島のサーフポイント、チャングーのエコビーチについてリポートしています。

バリ島に1人でサーフトリップに行きたい!と言う方のために、私が実際にエコビーチでサーフィンしてみて知り得た情報を個人的主観バリバリお伝えしていきます!

チャングー エコビーチって何処?

エコビーチはおしゃれなカフェやショップが次々に出来ている今熱いチャングーにあるサーフポイントの一つです。
クタからバイクで30~40分。

出典:GoogleMap

エコビーチの入り口はココ↓

チャングーには合計6つのサーフポイントがあるそうで、(詳しくは知りませんw)
エコビーチはその中でも「チャングーと言ったらここ!」と言われるようなチャングーエリアのメインブレイクです。

ビーチについて

エコビーチは溶岩から形成された黒い砂からなるビーチ。
砂浜にはところどころ岩肌が顔を出し、リゾートの印象とはかけ離れたどこかオドロオドロしい雰囲気があります。

エコビーチの入り口には割れ門があり、近くに無料の駐車場やバイクが止められそうなスペースがあるので、駐車に困ることはありません。

エコビーチ入口の割れ門↓

駐車スペース↓

割れ門をくぐるとオーシャンフロントなエコビーチクラブというカフェレストランがあり、タヒチと呼ばれるポイントブレイクのピークが早速見えてきます。

突き当たって右に行くとビーチへ降りることができます。
ビーチにはLA BRISAというカリビア~ンな雰囲気の超絶お洒落なビーチクラブがあります。

出典:La Brese

まぁ私のようなおひとりっぷサーファーには無縁の場所なんですけどね ははは・・・泣

さらにその先にはサンベットやパラソルが並べられ、オンザビーチの常設ワルンもズラッとならんでいます。

荷物はサンベットを管理しているローカルやワルンで何かしらお金を使えば荷物は預かってくれます。
シャワーは確認していませんが、ずらっと並んでいる常設のワルンにはシャワーか完備されているところもあるかもしれません。

ちなみにネット情報によれば割れ門をくぐってすぐのエコビーチクラブにはシャワーはあるようです。

波について

エコビーチにもピークはいくつかあるようで、私が行った時には2カ所のポイントブレイクのピークがありました。

出典:GoogleMap

ひとつはエコビーチクラブの正面のタヒチと言われるピーク。
もう一つはLA BRISAの正面付近のサンドバーと言われるピーク。
どちらもレフトブレイクで、ピークは狭くテイクオフから巻き上げてくるパワフルな波でした。

ワルンが建ち並ぶビーチ正面付近ではビーチブレイクがあちらこちらで割れますがワイドで早いダンパー気味のブレイクでした。

出典:GoogleMap

ビーチの北側には河口がありその辺りでも波待ちしている人が多く見えました。
後から調べて分かったのですがチャングーライトと言われるピークのようでした。

出典:GoogleMap

ピーク名はネットで調べた情報なのでもしかしたら間違ってるかもしれません。

乾季のチャングー付近のポイントは昼前くらいから貿易風(東南の風)が吹き始めサイド寄りの風で波質と面が悪くなります。
風が吹き始める前の早朝が狙い目です。
ちなみに雨季は比較的風が弱いらしいです。

エコビーチのYoutube動画貼っておきます。

ボトムについて

タヒチチャングーライトのボトムには岩礁があります。
サンドバーはその名の通りサンドなんだと思いますが、たぶん岩も混ざっています。巻かれてボトムに足が付いたときに岩だったような気がしたけど・・・気のせいかも。
ビーチ正面はサンドです。

ここらのリーフは珊瑚ではなく岩なので、運悪く牡蠣やフジツボ的な物を踏んでしまうなどしない限りリーフカットの可能性は低いのでリーフブーツは不要です。
貝類がびっしりへばりついているような岩ではなさそうでした。

ラインナップのサーファー構成

上級者向けな波質なためエキスパートが多く、欧米人とバリニーズが半分半分といった感じでした。
ショートボードとボディーボードでロングやファンボードはいません。

ポイントブレイクのピークは狭いためガイド無しのお一人様でポイントブレイクのピークに近づくのは強固なメンタルとサーフィンの技量が必要です。
また、ローテーションで回している可能性がありますので、観察して場の空気をしっかり読む必要がありそうです。

チャングーでサーフィンするのにおすすめの宿

チャングーの宿は高級ビラが多いので、サーフポイントから徒歩圏内にある安宿は多くはありません。というかほぼ無い。
基本はバイクが有る事を前提に、私だったらここを候補にするかなと言う宿をピックアップしてみました。

条件件は
・1泊3000円以下
・バイクでチャング―の主要サーフポイント5分圏内
です。

2,000円くらい

D’チャングー ホームステイ (D’Canggu Homestay)


ポイントも近くて高評価!

ビマ サクティ ゲスト ハウス (Bima Sakti Guest House)


オールドマンズ、エコービーチどちらにも行きやすい

3,000円くらい

ヴィラ ロベチョ エコー ビーチ (Villa Lovecho Echo Beach)


3000円くらいでヴィラに泊まれる!?

エコーランド ベッド&ブレックファースト (Echoland Bed And Breakfast)


エコービーチまで徒歩で行ける!評価高い。

まとめ(行ってみた感想)

エコビーチの要点をまとめると以下の通りです。

  • 黒砂のビーチ
  • パワフルな波
  • 上手い人多め
  • ポイントブレイク
  • ピーク狭め
  • ビーチブレイクもある
  • ワルン多め
  • リーフブーツは不要

さすが知名度の高いサーフポイントと言う感じでした。
上級者向けなポイントという印象でしたが、次にバリに行く機会があれば絶対もう一度チャレンジしたいエリアです。

いかがでしたでしょうか。
1人でサーフトリップされる方にとって多少なりの情報源になれば幸いです。

ブログランキングに参加しています。
暇つぶしにでもなったらポチッと愛のクリックをお願いします m(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

この記事へコメントしませんか?

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。
送信いただいたコメントは管理者が承認を行った後に表示されます。

CAPTCHA