申し訳程度のアクション

アバター

Oyajisurf

Oyajisurf.comの管理人。
毎朝仕事前に足繁く海へ通うが子供が生まれてからは週末サーファーに。競い合うのは苦手で、良い波より人の少ない波を選びゆるゆると楽しんでいる。本業はIT関連の個人事業主。
ホームポイントは宮崎県の木崎浜。

昨日はギャップ裏でバレルありの頭半だったらしい。
まぁそんな波は私にゃ無理っすけどねぇ。

今日は強いオフショアでサイズは抑えられる予報。
頭半からいっきに波が無くなるなんてことはまかりなりにも無いでしょ。
もしかしたら今日は俺的THE DAYかも!?

ワックワクで早朝6時半木崎浜へ到着。
まだ薄暗い海を目を凝らしてみると。

・・・・汗

強いオフショアに煽られた海面は思いの他ペラッとしている。

腹程度の波が高速で崩れている程度。
頭半から一夜で腹とか・・・マジすか。
しかもお世辞にも良い波とは言えない。

現在ちょうど干潮。満ちてくれば少しはよくなるかも?
そんな淡い期待を抱いて車の中で夜が明けるのをまっていると不思議と波がまとまり始めてやる気もわいてきます。

ひとまずウェットスーツに着替える。
下半身だけウェットスーツが入ったところで車を降りると。

寒い。。。

寒さのあまりスーハー言いながらネックエントリーのスーツの袖に腕をねじ込んでいきます。
西風がビュービュー吹いており着替えるのが苦痛です。
急いで着替えを済ませて明るくなり始めた海へとボードを抱えて掛け入ります。

場所: 木崎浜 階段前
天気: 快晴
サイズ:
風: 強いオフ
潮回り: 干潮
面: 良好



オフショアがリップのしぶきを巻き上げながらブレイクしていく様は爽快です。
でもこの風の強さだと波なくなっちゃうな。今日は短期集中だ。

冷え切った砂は冷たいを通り越して痛く、その痛みから逃れるように海水に掛け入ります。
ずいぶんと水温も下がっており、冷たい海水を浴びながら押し寄せてくる泡波をドルフィンスルーで掻い潜ると脇から海水が浸入してきます。

ウェットスーツの片方の脇がこすれて痛んできてるのです。
そういえば、脇がやたら窮屈です。
このウェットスーツをオーダーしたときから5キロほど体重は減っているので太ったということはないはずです。
多少は筋肉が付いたのでしょうか。
まだ2年目のウェットスーツなので残念なような誇らしいような。

今日もしっかり課題意識を持って取り組みます。

・テイクオフ時、頭の高さを変えずに低い重心のままポップアップ
・加重を掛けた鋭角なボトムターン

いつものように「頭を低く、頭を低く」と唱えながらテイクオフしますが、改善の手応えはありません。

二つ目の課題。
バックサイドのトップアクションは少しずつ成功率が上がってきています。
とはいえ申し訳程度のチョロッとアクションです。
もっとキレのあるトップアクションをするには鋭角なボトムターンが必要です。
しっかり後ろ脚で加重を掛けて鋭角なボトムターンを意識したいところです。

波を待っているときにはアレを意識してコレを意識してといろいろ考えるのですが・・・
いざとなったらなんどころじゃありません。

ここぞというときに課題を意識できるはずもなくやっぱり今日も惰性で波乗り。
う~ん、なんだかなぁ。

ブレイクが早くテイクオフ直後になだらかだったフェイスは急に壁となりクローズしてきます。

クローズする瞬間に波に弾かれるように申し訳程度のトップアクションで着地成功のフィニッシュ。

課題改善の手応えはまったくありませんでしたが、今日はクローズする波に弾かれても何故か上手いコト着地できる確率が高いのでワンターンだけのライディングでもそれなりに楽しい。
冷えた快晴の空は心なしか空気が澄んでいるように感じ、爽快な朝を過ごさせてくれたのでした。

この記事がよかったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでOyajisurfをフォローしよう!

ブログランキングに参加しています。
暇つぶしにでもなったらポチッと愛のクリックで応援宜しくお願いします m(__)m

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

この記事を書いた人
アバター

Oyajisurf

Oyajisurf.comの管理人。 毎朝仕事前に足繁く海へ通うが子供が生まれてからは週末サーファーに。競い合うのは苦手で、良い波より人の少ない波を選びゆるゆると楽しんでいる。本業はIT関連の個人事業主。 ホームポイントは宮崎県の木崎浜。

この記事へコメントしませんか?

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。
送信いただいたコメントは管理者が承認を行った後に表示されます。

CAPTCHA