今日はワクワクのオフショア!なはずだけど。。。

午前4時。寝つきが悪く何度も目が覚めてします。

なぜかというと、低気圧が太平洋側に抜け今日は西高東低の冬型の気圧配置。
オフショア予報でここ数日のクローズ気味なコンディションから一変する見通しです。

期待が高まり遠足前夜の子供のように興奮気味で寝られません。

午前5時半目覚ましが鳴り浅い眠りから覚め飛び起きます。
早く海へ行きたいところですが、明るくなり始めるには時間があります。

いてもたってもいられず車に飛び乗り木崎浜へ向かいます。

ここのところ暖かい日が続いていましたが今日の気温は12℃
随分と寒くなっています。

木崎浜に到着するといつもより早くうっすらと明るくなりつつあります。
今日は天気が良くなりそうです。

まずはトイレ前で波チェック。海面はオフショアで整えられ波がまとまっています。
満潮のためなかなか割れませんがいい崩れ方をしています。

心の声「うっひょーい!今日はやっぱりいいぞ!」

ここ最近まともなライディングができていなかったため、今日は乗れそうな気がしてテンションが上がります。

トイレ前には朝一の時間帯に必ずと言っていいほどいらっしゃるエキスパートな方々の車がすでにスタンバっています。
ここはショートのうまい方々が集まるので、いつもの加江田ポイントへ移動します。
すっかり私も加江田っ子です。子?。。。まぁそこはスルーでおねしゃす。

加江田はトイレ前に比べると質が落ちているように見えます。
よさげなラインナップは2か所。
どちらもワイドでピークが広くレギュラーは早そうです。

心の声「グーフィーの切れ目はいい感じだけど苦手だしなぁ。。。」

ストレッチをしながら品定めをじっくりします。

DSC_0015

場所:木崎浜 加江田ポイント
天気:晴れ
サイズ:腹胸 セット胸
:オフショア
:良好
潮回り:満潮

私の隣10m先に先にいらっしゃっている方がウェットスーツ姿でゴリゴリとワックスアップをして明るくなるのを待っています。
そろそろかなと思ったところで私も3mセミドライに着替えます。

心の声「あの人はどっちに行くかな?」

私は波の目利きに自信がないので隣の人についていこうと思いますが、ウェットスーツ姿で海と睨めっこをし一向に岸に向かう気配がありません。
私の準備が完了します。
隣の方はさっきワックスアップ終わったのにまたゴリゴリやり始めました。
心の声「あれ?さっきワックス塗ってたじゃん!もう十分波見えるよ、ほらいくよー」

今日も加江田一番のりで波打ち際へ。
すると隣の人も後を追うように波打ち際へやってきました。

二つのラインナップの間からゲティングアウトし右側のラインナップを目指します。
右側のラインナップの方が多少ピークが狭そうです。

波がまとまっているので難なくアウトへ出られます。
久しぶりに整った海面にちょっとした至福感。
穏やかな水平線からうねりがゆっくりやってきて長い時間リップをヒラヒラさせ広がったピークがいっきに崩れていきます。

DSC_0016

DSC_0017

DSC_0021

1本目。
レギュラー方向に向かってピークを追いかけます。
うねりはメキメキとピークを広げあっというまに切れ目は遥か先に。
慌ててテイクオフしてしまい、なんだかスタンスに違和感を感じる。
右手で海面を触れながらボトムターン。
目線の先では波の傾斜が急角度になり胸くらいの高さの壁を作っている。
ギュインと波のトップへ上がりそのまま波の裏へすっぽ抜けてしまう。
後ろを振り返れば、レギュラー方向に崩れながら波は続いている。

心の声「なー!やっちゃった!」

トップターンすることを意識できていなかったため体が反応せずワンターンしただけになってしまいました。
ボトムまで下りずにクイックにターンした方がアップスンでガシガシ行けたかも、等々ライディングを振り返りながら元いた場所へ戻ります。

2本目
グーフィーの切れ目がやってきます。
にょきにょきとショルダーが伸びてくるので、思いっきり隅っこを狙ってピークから逃げるように右へ全力でパドル。
ボトム付近で波に対して垂直に向き直し波に持ち上げられながらボードが走り出しテイクオフ。
アップスンしようとするも体をどう動かしていいかわからない。
仕方なく波に任せてショルダーを少し滑ると緩い壁ができてくる
ぐっと腰を落とし波側へ上半身を開く。
波の裏に出てしまわないように早めに上半身を岸側へ捻りながら後荷重から前荷重に切り替える。
にゅるんと気持ちの良い感触をテールに感じボードは岸側へ方向転換。
ボトムターンを行い同じ事をもう一度繰り返す。
2度目のトップターン後に波に力が無くなりインサイドをパンピングで音を立てながら乗り継いでいく。
バッサバッサ、バッサバッサ、シューーーッ、バッサバッサ、シューーッバッサバッサ
完全にスープになったところでプルアウト。

後半疾走感も爽快感もないだらーっとした乗り味だったがひとまずロングライド達成。
なぜかあまり満足感は得られない。

心の声「あれ?私グーフィーでトップターンできたっけ??」

アップスンできないのに緩いながらもトップターンはできたことに不思議な違和感を感じあまり嬉しさを感じません。

まいっか、という感じで深く考えずに沖へ向かってゲティングアウト
アウトへ出ると休む間もなく良さげなうねりがやってきます。
ひぃひぃ言いながら、やってきたうねりに飛びつきます。

ラインナップには距離を開けて3名。ほぼ乗り放題状態。
面良好、波よし、人いない。最高です。

しかし、ゲティングアウトで疲れた私の体は休まず連続で満足に乗せてくれるほどタフではありません。
十分にパドルできずにレイトなテイクオフとなりすぐにスープに捕まります。

ラインナップに戻る最中にまた良さげなうねり。
疲れた状態でまた飛びつく。
遅いテイクオフでやっぱりたいして乗れない。

こんなことを繰り返し、満足の行くライディングができません。
ちょれはちょっとまずいリズムだと感じ、ちょっと冷静になって疲れが回復するのを待ってからトライすることにします。

気がつけば周りには人が増えており10人くらいの集団になっています。
体力が回復して波にトライするも良い波は奥からロングやショートの上手い方が乗ってきます。
どうやら乗り放題タイムも終了したようです。

10人くらいの集団の隅っこで波待をしていると後ろからパドルで誰かが近付いてくる気配を感じます。
「おはようございまーす」という声で振り返れば先日の松崎さんです。

挨拶を返し何かほかの事でも話しかけようかとしましたが、松崎さんはまるで戦場に向かう戦士のような真剣な顔で私の横を通り過ぎアウトへと向かっていきました。(※松崎さんに関する日記はこちら)

なるほど、海の上では無駄話は不要ってことでしょうか。さすが真のサーファーだと勝手に感銘を受け松崎さんの背中を見守ります。

それからたいして満足のライディングができないまま7時に。
波は良いはずなのに満足に乗れていません。そうこうしているうちに7時
仕事に遅れないぎりぎりまで粘り、最後のライディングを終えそのまま腹這いで岸まで帰還。

こんな日に1時間も波乗りできない事に憤りを感じます。
でも、それすらできない人が多い中、私はまだ恵まれている環境なのでしょう。

餌を目の前にして「待て」を言われている犬のように、物欲しげに海を眺めながら帰りの支度をします。
車のエンジンを掛けミラー越しに何度もチラチラと海に目をやりながら、名残惜しく加江田ポイントを後にするのでした。

ブログランキングに参加しています。
暇つぶしにでもなったらポチッと愛のクリックをお願いします m(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

この記事へコメントしませんか?

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。
送信いただいたコメントは管理者が承認を行った後に表示されます。

CAPTCHA