収穫は朝焼け

アバター

Oyajisurf

Oyajisurf.comの管理人。
毎朝仕事前に足繁く海へ通うが子供が生まれてからは週末サーファーに。競い合うのは苦手で、良い波より人の少ない波を選びゆるゆると楽しんでいる。本業はIT関連の個人事業主。
ホームポイントは宮崎県の木崎浜。

早朝6時半頃。どす黒い不穏な雲の先にはオレンジの光が差し込み輝いているように見えます。
なんとか見える波の状況は・・・う~ん、微妙。
暗くてはっきりわかりませんが、まとまりがなく面はざわざわです。
思いっきり引いているので崩れもよくなさそうです。

DSC_0002

隙間から差し込む光が綺麗

ここ二日間朝練できていなかったため、波乗りの欲求を満たすように3mmセミドライを着込みます。

まだ薄暗い中、波の全貌もはっきりしませんが、ボードを抱えビーチに向かうと隣に車を停められた方々もほぼ同時に波打ち際へ向かっていきます。
上手そうな方が爽やかな笑顔で私に挨拶をしてくれます。
なんだか私もサーファーとして認められた気がして嬉しくなります。

加江田ポイント、一番のりの合計3名がほぼ同時に入水していきます。

場所:木崎浜 加江田ポイント
天気:曇り
サイズ:腹 セット胸
面:悪い
風:無風
潮回り:干潮

波数が多くぼよんぼよんでパドルが安定しません。
こういったコンディションの時はバランスを取るために無意識に胸を大きく反ってしまいます。

心の声「いかん、やばい、今日はアバラ痛めそうなコンディションや。。。」

胸を反ると重心が後ろ寄りになりテイクオフ時にノーズが上がってしまいます。
ノーズが上がると波の力を十分受けれず波を捉えにくくなります。
波を捉えられたとしてもテイクオフが遅くなり、その後のライディングに大きく影響します。

それならテイクオフの時だけ胸を反らなければいいわけなのですが、胸を反るとアバラを圧迫するので私の場合長時間胸を反るとアバラを痛めてしまいます。

波乗りを復活して数か月ですがすでに2度アバラを痛めてしまっています。
そのため波数が多くボコボコ、ガタガタな日はアバラを痛めてしばらく波乗りがまともにできなくなる可能性があるので極力入水したくありません。
ですが、いろんな状況の波に慣れないといけないので頑張らないとですね。

今日の波はピークがはっきりせず、うねりが近づいてからでないとなかなか判断がつきません。
真正面に来たうねりに対してのみ反応する形になるわ、ぼこぼこな面でパドルがスピードに乗らないわ、刺し乗りにになるわで波を捉えられません。

DSC_0023

※波乗り後に撮影

DSC_0014

※波乗り後に撮影

ようやく掴まえたうねりもテイクオフが遅くパーリング。
乗ってもすでにブレイクした波でアンバランスな中でのテイクオフになり、スタンスが狭く無様にこけてしまいます。

さらにはカレントも強く、横に流される流される。
戻るのもだるい。。。
早く朝練終了の7時にならないかなと考える始末です。

気がつけば、30分もしないうちに周りに居た人たちも居なくなり、岸を振り返ればゲティングしてきたばかりの人も早々と岸へと上がっています。

心の声「やっぱそうだよね、乗れないのは私だけじゃなかったんだ」

ちょっと安心です。
最近波が良かった事もあり満足いくライディングができ少し自信がついてきたところでしたが、今日の不甲斐無い波乗りですっかり自信をなくしていたところでした。

一本乗ってまたズッコケたところで、スープを捕まえ岸へ戻ります。

今日の成果はパーリング2本、テイクオフ直後のズッコケ2本。。。
着替えをしながら海を見ればほんの30分前の不穏な空とは異なり雲の抜けた空から太陽がのぞき、朝焼けでオレンジ色の空と海を作り出しています。

朝焼けを反射し光る海面を見ながら「サイズはあるので潮が上げれば少しよくなるのかな。。。」
そんなことを考えながら今日の海をパシャパシャカメラに収めます。

今日の収穫は朝焼けの海。
せっかくなんでどうぞご覧ください。

DSC_0020

 

DSC_0024

DSC_0025

DSC_0019

この記事がよかったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでOyajisurfをフォローしよう!

ブログランキングに参加しています。
暇つぶしにでもなったらポチッと愛のクリックで応援宜しくお願いします m(__)m

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

この記事を書いた人
アバター

Oyajisurf

Oyajisurf.comの管理人。 毎朝仕事前に足繁く海へ通うが子供が生まれてからは週末サーファーに。競い合うのは苦手で、良い波より人の少ない波を選びゆるゆると楽しんでいる。本業はIT関連の個人事業主。 ホームポイントは宮崎県の木崎浜。

この記事へコメントしませんか?

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。
送信いただいたコメントは管理者が承認を行った後に表示されます。

CAPTCHA