ちょっとじゃないカットバック・・・らしきものできた!

アバター

Oyajisurf

Oyajisurf.comの管理人。
毎朝仕事前に足繁く海へ通うが子供が生まれてからは週末サーファーに。競い合うのは苦手で、良い波より人の少ない波を選びゆるゆると楽しんでいる。本業はIT関連の個人事業主。
ホームポイントは宮崎県の木崎浜。

今日は日曜日。

数日前から低気圧による影響でサイズが少し上がってきているものの、昨日はオンショアによる影響でぐちゃぐちゃで入らず撤収でした。
昨晩あたりから風向きがオフよりになっておりサイズも残りそうなので期待が高まります。

午前7時、木崎浜。
既に外は明るくなっており、雲の無い澄んだ空が広がっています。今日は天気が良くなりそうです。

肝心の海の状況はというと・・・

なんとサイズアーップ!

昨日より多少波は纏まってきてはいるとは言え纏まり悪いですが予想外の胸肩サイズ。
早そうですが久しぶりのサイズです。入らない訳にはいかないでしょう!

場所:木崎浜 加江田ポイント
天候:快晴
サイズ:胸 セット肩
風:微弱なサイドオン
潮回り:満ち込み三分
面:まぁまぁ

DSC_0011

久しぶりのサイズに到着するやいなや、3mmセミドライに足を突っ込みます。
一昨日からの悪天候によりまだウェットスーツもインナーパンツも乾いていません。

冷たいのと気持ち悪いのを我慢しながら準備を済ませます。
寒波は過ぎ去ったとは言え水は冷たいので体温維持のために耳栓は必須です。
Yesearを装着しいざ出陣です。

正面突破はしんどそうなので、カレントを探しゲティングアウト。
それでもアウトに到着したころにはひぃひぃです。

DSC_0019

上がった息を落ち着かせながら近くで割れていくセットを物欲しげに横目に見送ります。
岸から見た感じだと汚い感じでしたが、近くでみると十分に乗れそうです!

体力を十分に回復させたところで、1本捉えます。
やはり見た目より乗れる波です。
否応なしにテンションがあがります。

アウトではうねうねと上下に揺られ、岸を振り返れば一段低い位置にクローズセクションが広がっています。
久々に目にするサイズのある日のアウトの光景に程よい緊張と興奮を感じます。

とある一本です。

10時方向からよい型のうねりが来ます。
ビビり気味にピークの端めを追いかけポジショニング。
あっという間にうねりに押されボードは容易に走り出しテイクオフ。

スタンスが狭くバランスを崩しながらもなんとかファーストターン。
そのまま胸くらいの位置にある壁を横目にギュインギュインと気持ちの良いアップスンダウンが2漕ぎきまる。

視界が一気に開け3漕ぎめのアップスンで伸びあがると同時に緩んだ斜面の上で前足を突っ張らせて上体をねじる。
ボードは大きく弧を描きながらこれまでとは逆方向へ向かっていく。

そのままブレイクしてきたスープに突っ込みそうになり、思わず両手を上げてレギュラー側へ体を入れるとスープに当たって跳ね返るようにボードはまた向きを変えてくれる。
そのまま緩く弱った斜面をパンピングで粘るもインサイドでクローズし終了。

「うぉ!カットバックできちゃった!?」

これまでのヘロヘロヨレヨレでパワーゾーンへ戻るのとはまったく異なったスムーズにターンで戻ってS字を描いた感触です。
脳内の客観的イメージではカーヴィングターンです。(んなわけないですが・・・)

明らかにチョットバックではないカットバック的な動きができたことにテンション120%

それから数本波を捉えるも、久しぶりの胸肩サイズに心の余裕がないのか上手く乗れません。。
焦って立とうとした結果スタンスが狭くなってしまいます。

なんとかテイクオフするもスタンスが狭く、ボトムターンでレールが入らず身体だけが倒れてボトムへベチャッ!

そんな数回目のベチャッ!から波にも揉まれて浮上すると左耳の聞こえがクリアになります。
はっ!として耳にはめているはずのYesyearを確認すると・・・・やっぱり無い。

さほど多くの出番のなかったYesyearも片方だけではお役目終了です。
そんなに高いものでは無いとは言えへこみます。

気が付けば頭上ではスッキリと晴れ渡った青々とした空が広がっています。

ギラギラとした強い日差しに頬骨付近がジリジリと焼ける感じさえします。
太陽光が海面に満遍なく降り注ぎ、遠くの波のフェイスはプラチナのようにキラキラと輝いています。
ゲティング中の泡波は光を反射し目が明けられないほどまぶしい。

DSC_0006

まるで夏のような海に耳栓を無くして意気消沈していたことも忘れてしまいます。
快晴の空の下パドルしているだけでも気持ちが良い。

1時間経過。
荒々しかった海の様子も収まり徐々に落ち着き波も纏まってきはじめます。
しかしサイズも下がり潮が上げてきたせいか、割れずらくダラダラとした波質に変わってきました。

波を捉える頻度が下がってきます。
楽しめたのは始めの1時間だけでした。
それからは波を捉えるもショルダーが張りずらくロングライドには至りません。

入水から3時間経過。
久しぶりの3時間はさすがに堪えます。
ですが、久々に波があるので上がるのがもったいない。

そろそろ帰らないと嫁ちゃんが待っています。
こんな天気の良い日に私だけ楽しんでいるとお怒りになることでしょう。

指を咥える思いで岸へと上がり、快晴の空と海で疲労が充実感へと変わるのを感じながら帰宅するのでした。

DSC_0005

DSC_0010

DSC_0015

DSC_0017

この記事がよかったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでOyajisurfをフォローしよう!

ブログランキングに参加しています。
暇つぶしにでもなったらポチッと愛のクリックで応援宜しくお願いします m(__)m

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

この記事を書いた人
アバター

Oyajisurf

Oyajisurf.comの管理人。 毎朝仕事前に足繁く海へ通うが子供が生まれてからは週末サーファーに。競い合うのは苦手で、良い波より人の少ない波を選びゆるゆると楽しんでいる。本業はIT関連の個人事業主。 ホームポイントは宮崎県の木崎浜。

コメント一覧

  1. アバター いのうえ より:

    こんにちは〜
    いい感じですね!
    青い空!光る海!カットバック!
    こちら千葉北は寒くて今週は
    おさぼりしてしまいました

    • アバター Oyajisurf より:

      いのうえ様
      快晴のサーフィンは最高ですよね!
      日本一のサーフパラダイス千葉!一度は住んでみたい土地です。うらやましいです。

この記事へコメントしませんか?

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。
送信いただいたコメントは管理者が承認を行った後に表示されます。

CAPTCHA