マイナスだってさ

アバター

Oyajisurf

Oyajisurf.comの管理人。
毎朝仕事前に足繁く海へ通うが子供が生まれてからは週末サーファーに。競い合うのは苦手で、良い波より人の少ない波を選びゆるゆると楽しんでいる。本業はIT関連の個人事業主。
ホームポイントは宮崎県の木崎浜。

天気予報では今日は-1℃になるとのこと。
ハンドルが強烈に冷たく運転するのもままならない寒さです。
車の外気温は0℃を表示していますが、これまでにマイナスになっているのを見た事がありません。
この車の温度計はマイナス表示ができないんではないだろうかと、0℃を表示している車の外気温を疑います。

波情報のうねりの高さは0.2m。いつもならサボってしまう程度の波予報です。
昨日は小波の予報にもかかわらず予想外に胸程の波があったようなので、わずかな期待を胸に木崎浜へ向かいます。

早朝6時半過ぎ木崎浜へ到着。
東側の空は低い位置で赤味を帯び、なんとなく日が出るのが早くなったような気がします。

そして肝心な波は・・・

う、うーん。

時折入るセットはなんとか乗れそうですが、この時期一人だったら確実に帰って寝るパターンです。
しかし、そんな怠慢な私をやる気にさせたのは仲間たちの存在でした。

海へ入る入らないは別として、同じポイントで同じ時間帯に1年の半分近く足繁く通へば
さすがにコミュ力の低い私でも挨拶をする程度の顔見知りも出来てきます。
そしていつしか挨拶だけでなく連絡を取り合い情報交換をするような仲間と言えるような存在の人達ができました。

一人だったら帰ってしまうようなコンディションでも知り合いが居れば不思議と入ろうという気になるもので、
今日もそんな仲間のヤル気に感化されウェットスーツに袖を通します。

準備を済ませてビーチへ降りると、まるで氷の上を歩くかのように足が冷たい。
いやむしろ冷たいを通りこして痛い。

もし宮崎でブーツが必要だとすれば
それは冷たい水対策ではなく冷たい砂対策なのかもしれません。
とはいえこの1ヶ月間程度のためだけに少ないお小遣いを使ってブーツを買う気にはなれないですけどね。

アヒアヒ言いながら小走りに波打ち際へ駆け寄りそのままジャバジャバ入水。

場所:木崎浜 階段前
天気:晴れ
サイズ:腰 セット腹
風:微弱なオフ
潮回り:引き潮八分
面:良好

ショアブレイクでないのが何よりの救いです。
とはいえ私程度のレベルでは到底走れる波ではありません。
一本だけアップス3、4漕ぎ走れるセットを掴めたものの、その後そのサイズのセットは幻と化します。

とくになんてことのないワンラウンド。
印象に残っているのは手足がかじかむ寒さの中での着替えと、お湯のありがたさ。
そして今日も波乗りをしたぞという変な達成感。

今日も頑張った。

ブログランキングに参加しています。
暇つぶしにでもなったらポチッと愛のクリックで応援宜しくお願いします m(__)m

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

2 件のコメント

  • 私なんか写真のような波でもニヤニヤしながら海に飛び込んでいます。海に入れるだけでいいんです。

    • おやじファン 様
      コメントありがとうございます♪
      ちょっと考えさせられました。ほんとは海に入れるだけでもありがたく思わないとですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA