お久しぶり青島

早朝5時半過ぎ。
木崎浜はアウトでは乗れそうなカタチの波がブレイクしてはいるもののインサイドは真っ白。
クローズアウトとは言わないまでもハードそうです。

仕事前にこのコンディションはちょい辛い。
木崎浜を素通りしてそのまま青島へ逃亡。

青島の駐車場はギリギリ駐車スペースが空いており既に沢山のサーファーで賑わっています。
久しぶりの青島です。南国情緒あふれるロケーションの青島ポイントは来るだけでテンションが上がりますが、今日は午前から大事な仕事の打ち合わせが入っており憂鬱です。

車を駐車し観光用に整備された松林の遊歩道を少し歩くとワイドな波が割れる海の全貌が見えてきます。
セットで肩くらい。
どこがピークだかわからない横にながーいうねりはミドルであちらこちらからクローズしていきます。

DSC_0015

う~む、乗りしろなさそう。
そして出るのめんどくさそう。

帰って寝るか。

駐車場へ戻ると車の後部扉を広げて着替えたりワックスアップしている方が沢山いらっしゃいます。
駐車場全体からやる気が満ちておりそんな駐車場の雰囲気に感化されてか、ちょろっとでも入るかという気になってきます。

とにかく入ってみて、ダメならすぐに帰りましょう。
DSC_0011

場所: 青島 ANAホリデイインリゾート前
天気: 晴れ
サイズ: 胸肩
風: 無風
面: 悪くはない
潮回り: 満ち潮三分

準備を済ませ再度松林を抜けビーチへ。
今日の相棒は浮力の塊スピットファイアスティンガーです。
念入りにストレッチを行いゲティングアウト。

波が分厚くダンパー気味なのでゲティングアウトはしっかりタイミングを合わせないと嵌ってしまいます。
歩ける深さまで歩き、腰くらいの深さのところでスープをやり過ごしながらしばらくセットを待ちます。
3、4本まとまった波をやり過ごしたところで慌ただしかった視界が嘘のように開け静まります。

今だ!

次のセットが来るまでにインパクトゾーンを抜けたい。
ボードを放り投げ飛び乗り全力パドル。
2、3回のドルフィンでなんなくゲティング成功。

うねりはやっぱりどこがピークだかよくわかりません。
厚いうねりをなんとかテイクオフさせると直ぐに進行方向からもブレイクしていきます。
ボトムに降りればすでに行き場はなく岸へ向かってスープライドになるかワンターンでプルアウト。

さらに永遠とながーいうねりは複数のピークから複数の人が乗ってきます。
もはや誰だ優先かわかりません。

う~む、だめだこりゃ。
私の腕では手に負えません。
どちらにせよ仕事が気になって落ち着いて波乗りできないので帰って仕事の準備でもしよっと。

ちゃんちゃん。

ブログランキングに参加しています。
暇つぶしにでもなったらポチッと愛のクリックをお願いします m(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

この記事へコメントしませんか?

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。
送信いただいたコメントは管理者が承認を行った後に表示されます。

CAPTCHA