サーフィン日記 たった1本の波の魔力

アバター

Oyajisurf

Oyajisurf.comの管理人。
毎朝仕事前に足繁く海へ通うが子供が生まれてからは週末サーファーに。競い合うのは苦手で、良い波より人の少ない波を選びゆるゆると楽しんでいる。本業はIT関連の個人事業主。
ホームポイントは宮崎県の木崎浜。

午前6時ちょっとすぎ、いつものように友人Tが迎えに来ます。
Tの軽ワゴンに道具一式を入れたウォーターボックスとファンボードを積み込み木崎浜へ向かいます。
仕事前の波乗りなのでできればもう少し早く起きて行きたいところですが、Tをこれ以上早く起こすのは悪いのでそろそろ一人立ちしなくてはと考えます。

どんよりとした空の下にはクリーンな海面にうねりがそこそこ綺麗にブレイクしています。
サイズは腰から腹くらいでしょうか。メローな雰囲気の波で今日はなんだかいいライディングができそうな気がしてワクワクします。

ネットの情報によれば昨日は今日よりもサイズがあって海は賑わっていたようでした。
波のサイズがあると私は余裕が無くなりあまり楽しめないので、楽しむ分にはこれくらいのサイズがちょうどよいです。

場所:木崎浜 階段前
天気:曇り
サイズ:腰腹
風:無風
面:つるつる

11924962_448884818645243_2029220608403228081_n

今日は新兵器が二つあります。

一つは先日のブログでポチったロングタッパー。
DSC_0018

そしてもう一つは、一緒に購入した着換え用タオル生地のポンチョです。

DSC_0033

9月に入りずいぶん朝も涼しくなってきています。さすがに朝一の時間帯で上半身裸でやっている方は見なくなってきました。
とは言え、さすがにロングタッパーはまだ暑いかと思われますが、買ったばかりの物を試さずにはいられません。

さっそくお着換えポンチョを使ってサーフパンツに着替えます。
いつもはバスタオルを腰に巻いて着替えていますが、バスタオルの場合着脱ぎしている最中にタオルが取れそうになってアワアワしてしまうことが多々あります。
このストレスがなくなるのは大きいです。しかしポンチョの容量も大きい。。。思いのほか分厚くかさばるのが難点です。

意気揚々とロングタッパーに袖を通し準備完了です。
購入当初、表記されているウエストのサイズは実際の私のウエストより細いので着れるか心配でしたが、なんとか着れています。
ただし、お腹をへこませてようやく。

はちきれそう。痩せねば。。。

おニューのロングタッパーは、フロントジップのラバー。胸の部分にだけ白文字のロゴが入っているのみです。シンプルでクラシックな雰囲気に惹かれての購入です。
真っ黒のラバーに真っ赤なサーフパンツが映えなんだか上手い人になった気がしてきます。
一度閉めたジッパーを開けてジャケットのように羽織ってボードを抱えていきます。
フロントジップのタッパーをジャケットのように羽織る姿に憧れていました。
ですが、生白く覗く胸と締まりのないお腹を見てハッとします。

ビギナーがカッコつけるのは余計カッコ悪いや。。。
そそくさと一度開けたジッパーを閉めなおします。

それでもお気に入りのタッパーを着て波乗りをする。それだけでモチベーションが3倍くらい上がります。
格好から入る事も今後続けていくには重要な要素だと勝手に納得させます。

テンションアゲアゲでいざ出陣です。
波は比較的まとまっているので波の合間を縫うようにゲティングアウト。

フロントジップなのでパドリングに違和感が無いか心配でしたが、思ったほどではありません。
ただし、快適さを求めるならやっぱりジッパーは後ろですね。

しかし、暑い。。。
ロングタッパーを着るにはさすがに早すぎたようです。本格的な出番はまだまだ先のようです。

アバラの痛みは完治しているようで、まったく痛みは感じません。
よっしゃー!とばかりにアウトに向かってはりきってパドリング。

最近ようやくパドルが安定してきたように思います。
最初はボードの上で安定せずに漕ぐたびにストリンガーに対して身体のセンターがズレズレになっていましたが、それも落ち着いてきました。
今日の課題はよりパドルが進むように昔のパドリングの仕方をやってみます。

ちなみに昔やってたパドルとは以下のような方法です。

  • 胸を反る
  • できるだけ前方の水を掻くようにする
  • 親指から腕を入れボードの下でS字を描くように水を掻く

※あくまで昔やってた方法です。この方法が正しいかは定かではありませんく

確かにひと掻きで進むスピードは上がるもののいかんせん水の抵抗が多くすぐに腕が上がらなくなってしまいます。

心の声「ダメだこりゃ、ぜんぜん漕げない。。。」

すぐに一番楽な方法に戻ります。
では、波にトライするときだけ必殺技としてこの方法でパドルしてみましょう。

アウトに出て小休憩、いや大休憩して息が整ったところで波にトライ。
セットをやりすごし、誰も手を付けないうねりが来たところでボードを岸に向けパドル開始。
ボードが持ち上げられるのを感じたところで必殺技のパドルに切り替える。
なるべく前方の水を掻くように右腕を伸ばし右手親指から腕を入れボードの下でS字を掻く。
次に左腕

心の声「き、きつい」

3漕ぎしたところで波はあっさりと私を通り過ぎていく。
抵抗が多いので素早くパドリングすることができません。

それから何度かこの方法でトライするも結果は同じです。
既に上腕三頭筋はパンパンで悲鳴を上げています。

心の声「やめた!やめた!」

波を捉えられる気がしないのでこの方法はやめる事にします。
この方法はもう少しパドル筋が付いてからにしましょう。

腕の筋肉を休めるために何本もうねりをやり過ごします。
アウトサイドでは穏やかな海が広がり、なめらかに整った海面をただぷかぷかと浮かんでいるだけで気持ちが良い。
綺麗に形作られた斜面を時折規則正しく崩れる波がまたなんともいい感じです。
少し離れたところのサーファーはそんな波に気持ちよさそうに、時には激しく乗っています。

それだけのスキルがあればどれだけ最高な時間を過ごせることでしょう。
こうしてはられません。

隅っこにいる私もまけじとトライします。

そしてついに私にとって最高な瞬間がきました。

うねりが見えます。
誰もいない。
慌ててボードを岸に向けパドル開始。
思ったよりも大きく感じる。
戸惑いつつも全力でパドル。
ボードが持ち上げられ右側には斜面が広がる。
ボードを右斜めに向け腕立て体制へ。
飛び乗るのようにテイクオフ。
斜面を斜めに滑り降りながら、無意識にボトムでボードを傾けながら伸びあがるように屈伸。
ニョインとした加速感を感じ泡波を超え波の斜面へ戻る。
そのまま波に押されるようにぐんぐん岸へ向かっていく。
インサイドで厚くなり波が力を弱める。
思わずボードの上で飛び跳ねるようにパンピング。
ボードはかろうじて波に押されながらスープに包まれていく。
完全にスープに捕まったところで後ろへ飛び込む。

心の声「うっひょー!きもちええぇ!」

復活史上最長のロングライドです。
ほとんど波に乗せられた形ですが、少なからず自分の意思でボードをコントロールしインサイドまで乗りつぐことができました。
波を征服したような達成感と満足感で一杯になります。

心の声「そうそう!ボトムターンってこうやってやってたな!」

最初のターンはただ身体を傾けるだけでなく屈伸するような動作をしていたのを思い出します。

次に捉えた波でも同じようにボトムターンをしますが、崩れてきたスープに捕まってすぐにスープライディングになります。
その後1本目のような満足感を得られるライディングはありませんでしたが、私にとってはその一本で十分でした。

何か大きく進歩したようなそんな手応えを感じたのです。
私には長く感じられましたが、実際はほんの数秒の出来事だったかもしれません。
たった1本の波で、しかもほんの数秒の出来事でこれほどまでに充実感を与えてくれる波乗りのすごさを改めて実感します。

友人のTに感動を伝えたいところをぐっと抑え、一人あの快感を思い出しTと共に木崎浜を後にします。
仕事中もサーフィンのことで頭がいっぱいになり、いつまでも今日の1本の感触に浸るのでした。

この記事がよかったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでOyajisurfをフォローしよう!

ブログランキングに参加しています。
暇つぶしにでもなったらポチッと愛のクリックで応援宜しくお願いします m(__)m

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

この記事を書いた人
アバター

Oyajisurf

Oyajisurf.comの管理人。 毎朝仕事前に足繁く海へ通うが子供が生まれてからは週末サーファーに。競い合うのは苦手で、良い波より人の少ない波を選びゆるゆると楽しんでいる。本業はIT関連の個人事業主。 ホームポイントは宮崎県の木崎浜。

この記事へコメントしませんか?

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。
送信いただいたコメントは管理者が承認を行った後に表示されます。

CAPTCHA