乗れないのは波のせいではない

早朝5時。木崎浜階段前。

あたりは明るくなっていますが、灰色の空と海との境目はぼんやりとしており、どこまでが海でどこからが空なのかわかりません。
海岸線をみると霧で霞んでおり、どこか寂しげな雰囲気を醸し出しています。

どうやら私が木崎浜一番のりのようです。
ここのところ階段前以外は良くないので、状況が変わらない限り加江田の方まで見に行く必要はないでしょう。

一昨日と同じ、もしくはそれ以下のサイズのうねりがジョボジョボと力なく割れています。

なんとかギリギリできそうな感じです。

場所: 木崎浜 トイレ前
天気:
サイズ: 膝腰 セット腹
風: 無風
面: クリーン
潮回り: 満ち込み六分

DSC_0035

う~んどうしよう・・・

冬場に良い波を沢山堪能したので贅沢になってしまったようで、
仕事前だとサイズが無かったりジャンクだとどうもやる気がでません。

まぁこのコンディションなら疲れなさそうなので小一時間くらいでサクッと入って帰りましょう。

もう少し明るくなるのを待っていると隣に車が停まり女性サーファーが準備を始めます。
私もぼちぼちかなとシーガルを取り出し着替えます。

先陣を切ってゲティングアウトする女性の後を追うように私もさぶさぶと入水。
思ったより水は冷たくなく早朝でもシーガルで全く問題ないようです。

アベレージ膝腰くらいでしょうか。
崩れ方は綺麗ですが、セットでないと乗りしろがありません。

DSC_0024

ジョボジョボとブレイクするセットをバサバサとパンピングでシゴいているとインサイドで小さいながらも傾斜角を強めてきます。
リップを形成しそうになったところで今だ!とトップターンしようとするも力の無い波では身体だけが動いて私の分厚く幅の広いスピットファイヤーは反応してくれません。
ぶざまな格好のまま波のトップでボードは失速し、波に取り残されてしまいます。

そんなライディングを数本。
気が付けば周囲は10名程ほどのラインナップになっています。

上手い人を横から見ていると、大きな軌道でニュルッ!とフェイスの上で鮮やかにボードが返っています。

こんな波でも上手い人は乗れちゃうんだよなぁ・・・

この波のどこにそんなに自由に滑るスペースがあるのでしょう。
不思議で仕方がありません。

私が乗れないのは波のせいでもボードのせいでもないという事をまざまざと思い知らされるのでした。

DSC_0030

DSC_0039

ブログランキングに参加しています。
暇つぶしにでもなったらポチッと愛のクリックをお願いします m(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

この記事へコメントしませんか?

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。
送信いただいたコメントは管理者が承認を行った後に表示されます。

CAPTCHA