仕事さぼっての。。。

アバター

Oyajisurf

Oyajisurf.comの管理人。
毎朝仕事前に足繁く海へ通うが子供が生まれてからは週末サーファーに。競い合うのは苦手で、良い波より人の少ない波を選びゆるゆると楽しんでいる。本業はIT関連の個人事業主。
ホームポイントは宮崎県の木崎浜。

今朝は無風だったが、午後からオフショア予報。
若干雲が出ているが相変わらずのいい天気。
昨日に引き続き16時過ぎから来客の予定はない。
iinami.comでのライブ映像では少しサイズは下がっている様子だか、相変わらず良いブレイクに見える。
ウズウズ。。。

明日からまたオンショアになるらしいから波のコンディションが良いのは今のうちだけかもしれない。

16時30分
仕事をサボることに負い目を感じつつも言い訳を自分に言い聞かせボードを車に積み込む私。

仕事そっちのけで波乗りに行っている事を嫁ちゃんが知ったらエライ事になるだろうな。

アクセルを踏み込んで飛ばして行きたい気持ちを抑えつつ青島へ。

あれ?波無い。。。

今朝と同じく潮回りはド満潮。
うねりの筋は入ってきているものの思ったよりも小さいです。

場所:青島 ANAホリデーインリゾート前
風:ほぼ無風
サイズ:膝~腰、セット腹
潮回り:ド満潮
面:良好

今朝と同様に波はまとまっています。
しかしタルくだいぶインサイドでのブレイクです。

「しまった、仕事サボってくるまでのものではなかった。。。」

入水したのが5時ちょと過ぎ。
既に日が落ちてきています。
1時間できるかどうか。

ラインナップまでノードルフィン。
小さい上に、満潮でタルい。なかなか波を捉えられません。
そしてセットの間隔が長い。セットもなかなか来てくれません。

今日の課題
・テイクオフ時にレールを握らない
・パドリング時に胸を反らない

テイクオフ時にレールを握るとバランスを崩しやすく、さらにノーズの押さえつけが弱くなり、波の斜面とボードが平行にならないため加速しずらいとのことです。
パドリング時に胸を張るとノーズが浮き気味になり、波のパワーを効率よく受けらず波に置いて行かれてしまいます。

なかなかうねりを捕まえられずやきもきしているとセットが入ってきました。

ピークを探すがワイドでどこがピークかまだわからない。
とにかく縦の動きではなく、横から強引にピークと思わしきところに向かってパドリング開始。
ピークのボトムを狙って緩やかな弧を描くように意識しつつ岸側へ方向転換。

グーフィーだ。

胸を反ってノーズが浮いてしまわないようみぞおちでボードを抑えつけながら全力パドル。
テイクオフしたころには既にインサイドなため一気に掘れだす。
強引に斜め方向へテイクオフ。

左手側には腰くらいの高さでリップがいまにも崩れそうな壁を作っている。
レギュラーならアップスンできそうだが、グーフィーではどう体を動かしていいかわからずほぼ棒立ちのままリップはブレイク。
スープに捕まり終了。

そろそろグーフィーでもアップスンダウンできないかなぁ。。。

満足のいかないライディングを3本くらい。
タルくてなかなか波を捉ええられません。

日も暮れてうねりが見えにくくなるにつれて初動が遅くなり指し乗り気味に
それで余計に乗れません。
乗れてもテイクオフ後直にスープに捕まります。

今日一番のライディングは最後の一本のレギュラーでした。

海と空との境目が見えづらくなる中、うっすらとうねりが見える。
どれくらいの距離にうねりが来ているのか掴めないが、とりあえずパドルを始める。
意外と近いところまでうねりは来ていた。
ミゾオチをボードに押し付けノーズが上がらないように意識。
今日一番の波のパワーを感じる。
鬼パドル無しでテイクオフ成功。
しかし胸をソラない事に意識が行き過ぎて相変わらずレールを握っているか握っていないのかはわからない。
テイクオフ後3回ほどヘコヘコなアップスンダウンを繰り返してスープに捕まる。
スープにはまだ傾斜がありパンピングでねばる。
妙に落ち着いていてバサッバサッとパンピングしながらいろいろと考えが巡る。
下手なことはせずにきっちり最後まで乗ることを選択。
スープの傾斜が除々に強まり小さいながらもまたリップを形成しはじめる。
つたないアップスンをさらに3回ほどしたところで先でブレイクしたスープに捕まる。
体制をおもいっきり低くし少しでも長く乗ってみようと試みる。
バランスを保てなくなるくらいパワーが無くなったところで腹ばいになりそのまま岸へ帰還。
小さいサイズならがも満足のいくロングライドができた。

まともなライディングは最後の1本のみでしたが「最後よければ全てよし」で気持よく終われました。
明日はちゃんと仕事しよう。

-今日の気づき
・テイクオフ時に未だにレールを握っていそう。
・本人はカッコよく決めているつもりだが多分ぎこちのないアップスンダウンだろう

波を捉える事に一生懸命になりすぎて手元に意識をもっていくのをついつい忘れてしまいます。
波に乗りそこねてふと我にかえるとレールを握っています。
おそらく腕立て状態の時点でもレールを握っているはず。

波の具合にもよりますがが少しづつアップスンダウンを行ったライディングの回数が増えてきたように思えます。
とはいえ他人から見ればおそらくぎこちのないアップスンでしょう。

サーフスケートのような体の動きはサーフボードの上ではできていません。
もっと自己分析が必要です。
嫁ちゃんがビデオを撮っている時にアップスンをキメて、どうなっているのか見てみたいところです。

この記事がよかったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでOyajisurfをフォローしよう!

ブログランキングに参加しています。
暇つぶしにでもなったらポチッと愛のクリックで応援宜しくお願いします m(__)m

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

この記事を書いた人
アバター

Oyajisurf

Oyajisurf.comの管理人。 毎朝仕事前に足繁く海へ通うが子供が生まれてからは週末サーファーに。競い合うのは苦手で、良い波より人の少ない波を選びゆるゆると楽しんでいる。本業はIT関連の個人事業主。 ホームポイントは宮崎県の木崎浜。

この記事へコメントしませんか?

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。
送信いただいたコメントは管理者が承認を行った後に表示されます。

CAPTCHA